11.21~22 『平成26年度全慶應義塾対全早稲田馬術定期戦』

【第1競技 JEF馬場馬術競技L1課目 2013】


第1位 小山礼高(学部2年)

慶晃号 総得点率62.983%


第3位 小澤和紀(学部4年)

慶雅号 総得点率58.673%


第4位 大塚亮太朗(学部1年)

マクロ号 総得点率58.560%


第5位 高山明彩叶(学部2年)

慶駿号 総得点率58.040%


第11位 門叶和樹(学部3年)

慶凛号 総得点率51.550%


慶應義塾の順位得点合計は8点、早稲田の順位得点合計は3点となり、よって慶應義塾に勝ち点2、早稲田に勝ち点1が入ります。


【第2競技 ヤングライダープレリミナリーテスト2009】


1位 安芸知世(学部4年) 慶駿号

総得点率60.660% 総得点656


3位 岡俊作(学部2年) 慶晃号

総得点率59.620% 総得点644


慶應義塾の総得点 1300

早稲田の総得点 1195


よって慶應義塾に勝ち点3、早稲田に勝ち点1が入ります。


【第3競技 現役小障害飛越競技】


2位 高山明彩叶(学部2年) ゴールドソーサー号

タイム 57.49秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総得点 0点

JOタイム45.02秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点 0点


3位 田中啓史(学部4年) 慶湊号

タイム 56.47秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総得点0点

JOタイム36.11秒

タイム減点 0点 障害減点 4点

総減点 4点


4位 佐藤有美佳(学部1年) モデラート号

タイム 57.26秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総得点 0点

JOタイム40.92秒

タイム減点 0点 障害減点 4点

総減点 4点


6位 飯盛万結子(学部4年) 慶喜号

タイム 63.58秒

タイム減点 1点 障害減点 4点

総得点 5点


9位 大塚亮太郎(学部1年) マクロ号

タイム 66.38秒

タイム減点 1点 障害減点 4点

総得点 5点


慶應義塾の順位得点合計は6点、早稲田の順位得点合計は5点となり、よって慶應義塾に勝ち点2、早稲田に勝ち点1が入ります。


【第4競技 高校生小障害飛越競技】


1位 松田和佳(女子高3年)

ゴールドソーサー号

タイム 54.86秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点 0点


2位 岡佑乃輔(塾高3年)

モデラート号

タイム 56.09秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点0点


3位 坂本恭夫(塾高3年)

慶湊号

タイム 52.38秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点 0点


4位 梅田遼一郎(塾高3年)

慶喜号

タイム 51.41秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点 0点


慶應義塾の合計総減点は0点、早稲田の合計総減点は11点となり、よって慶應義塾に勝ち点2、早稲田に勝ち点1が入ります。



【第5競技 OB 小障害飛越競技】


慶喜号

1番 小嶋芳岳氏(慶應)

タイム 54.35秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総得点 0点


8番 児玉彰氏(早稲田)

タイム 56.47秒

タイム減点 0点 障害減点 4点

総減点 4点


よって総減点の少ない小嶋氏の勝ち。


モデラート号

2番 吉永英美子氏(慶應)

タイム 51.37秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点 0点


10番 橋本康太氏(早稲田)

タイム46.42

タイム減点 0点 障害減点 4点

総減点 4点


よって総減点の少ない吉永氏の勝ち。


マクロ号

3番 関口弾吉氏(慶應)

タイム 56.16秒

タイム減点 0点 障害減点 8点

総減点 8点


12番 山田琴也氏(早稲田)

落馬E


よって総減点の少ない関口氏の勝ち。


稲玄号

2番 小穴幸子氏(早稲田)

タイム 49.44秒

タイム減点 0点 障害減点 0点

総減点 0点


7番 清水友和氏(慶應)

タイム 49.96秒

タイム減点 0点 障害減点 4点

総減点 4点


よって総減点の少ない小穴氏の勝ち。


ラトゥールブリエ号

4番 泰慧州氏(早稲田)

タイム 49.44秒

タイム減点 0点 障害減点 8点

総減点 8点


8番 堤智愛氏(慶應)

タイム 60.46秒

タイム減点 1点 障害減点 0点

総減点 1点


よって総減点の少ない堤氏の勝ち。


マシェリ号

6番 田中俊司氏(早稲田)

タイム 54.60秒

タイム減点 0点 障害減点 4点

総減点 4点


11番 安藤洵氏(慶應)

タイム 48.54秒

タイム減点 0点 障害減点 8点

総減点 8点


よって総減点の少ない田中氏の勝ち。


慶應義塾の獲得ポイントは4点、早稲田の獲得ポイントは2点となり、よって慶應義塾に勝ち点2、早稲田に勝ち点1が入ります。


【第6競技 現役中障害飛越競技】


第2位 岡俊作(学部2年)

慶湊号

タイム 55.18秒

タイム減点0 障害減点4

総減点4

JOタイム 43.43秒

タイム減点0 障害減点4

総減点4


第3位 安藝知世(学部4年)

ゴールドソーサー号

タイム 48.65秒

タイム減点0 障害減点4

総減点4

JO 2反E


第5位 小山礼高(学部2年)

カトゥーシャ号

タイム 56.71秒

タイム減点0 障害減点12

総減点12


小澤和紀(学部4年)

トミー・リー号

2反E


門叶和樹(学部3年)

慶隼号

2反E


慶應義塾の合計総減点は20点、早稲田の合計総減点は32点となり、よって慶應義塾に勝ち点3、早稲田に勝ち点1が入ります。


以上の結果より、団体成績は

慶應の勝ち点は14点

早稲田の勝ち点は6点


よって、慶應義塾が全勝優勝いたしました。